忍者ブログ
同人とか小説とか映画とか日常とか(^-^)2007.9.15設置♪
リンク
【リンクバナー】
バナーはお持ち帰りください。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[10/18 朝倉佳]
[10/16 天木 燿]
[10/14 朝倉佳]
[10/12 天木 燿]
[10/08 朝倉佳]
[10/08 天木 燿]
プロフィール
HN:
天越久遠(朝倉佳or温泉ぴよこ)
性別:
女性
職業:
キッチンスタッフ
趣味:
漫画・小説書きと同人誌作り
自己紹介:
 腱鞘炎治りません☆ 子宮筋腫悪化しました☆ 視力は落ちまくりです゚(゚´Д`゚)゚
 このままだといずれ読書や映画鑑賞も制限受けそうで怖いです<(TOT)/ 
 2013年11月に成猫1匹引き取りました。おかげで両手両足が噛まれ引っ掻かれ傷だらけ☆ 服は牙で穴だらけにされてます(笑)(^-^;) ツンデレのツン無限大デレ限りなくゼロに近いニャンコに疲れ果て、とうとう2014年9月、子猫を貰ってしまいました~っヽ(*´∀`)ノ
 さあ、今後どうなる? ニャンコライフ(´▽`)

バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

ゴジラ観てきた☆

あ、ハリウッド版だから「ゴジラ」じゃなくて「GODJILLA」と表記すべきか?
 取り合えず、忘れないうちにこれだけは書いておく。
 ゴジラさん、アメリカでジャンクフード食べ過ぎたの?
 だからそんなメタボ体型になったの?(・・;?
 ゴジラさえもメタボにする、恐るべしアメリカンフード!!
 いや、そんな映画ではないんですが。
 あと怪獣同士のキスシーンには乾いた笑いが。
 君達、ラブラブなのはわかったから他人に迷惑かけない所でデートして、と言いたくなりましたよ。
 デートの度に大停電は起こるわ戦闘機は墜落するわ都市は壊滅させられるわじゃ、たまったもんじゃありません。
 なんてはた迷惑なんだ、怪獣デート!!
 で、この手の映画は大きなスクリーンで怪獣の暴れっぷり見るためにあるものだと割り切ってますので、ストーリーや人間ドラマに文句はつけません。
 ただ。
 東日本大震災の経験者としては。
 地震、津波、原発メルトダウンの映像と、自宅が退避指定地域にあるため原発で亡くなった妻の写真すら持ち出せない(もちろん妻の遺体もまだそこにある……15年放置されたまま……)、という主人公の父の嘆きは痛かった……ヽ(;△;)ノ
PR

抵抗はしたけれど(´;ω;`)

なんかシフト……2日続けて仕事の日が何度かありそうです。
 それも夜中まで働いた翌日、12時から仕事とか、12時から夜中まで仕事とか☆
 ちなみに私、就職時に仕事は17時から22時の間で、と要望しています。
 でもって病気で倒れてからは、3時間以内の就労をお願いしています……。
 人手不足はわかっている。わかっているけど、午前10時に食事して次の食事が午後9時以降では、どうやって3度目の食事をとっていいかわからないっヽ(`Д´)ノ

 ま、それはさておき。
 またまた睡眠時間ろくに取らない(取れない……が正しいか?)まま、映画観に行きました。
 本日観たのは『マレフィセント』です。
 はい、『眠れる森の美女』実写版です。
 しかし……皆さん突っ込んでましたが、確かにその通り!
 オーロラ姫、殆ど眠ってねーわ!!(爆)(´▽`)
 そしてアナ雪と同じパターンで、王子様はフェイク☆
 真実の愛のキスは女同士のキスでした(#^.^#)>
 でー、人間の王様が2代に渡って欲深かのお馬鹿です。
 オーロラ姫はともかく(いや、オーロラ姫のかけられた呪いも間違いなく祖父と父のとばっちりだけど)その生みの母である王妃が気の毒でした。
 父親である王の独断で結婚相手を決められ、出産したら娘はいきなり呪いをかけられ、我が子を育てることはおろか会うことすらも許されず、あげく病に倒れて、危篤状態で夫を呼んでも国王となった男は自分が裏切った相手(マレフィセント)への妄執に囚われていて、地位を手に入れるため結婚した妻には全く構わず……で。
 最後の願いさえ叶わぬままお亡くなりに……って。
 まあ、成長したオーロラ姫と初めて会った時、「母にそっくりだ」と口にしたので、妻に対する愛情が少しもなかったわけではないと思うのですが。
 なんにせよ、愚かでひどい男なのは確かだ。うん。
 マレフィセント、あんな男のことはさっさと忘れて、文句言いつつ忠実でお役立ちイケメンなカラスの彼といい仲になった方がいいよ(o・・o)

何故に私は(; ̄Д ̄)?

睡眠時間5時間で映画を観た上、この本を買ってサーティワンにいるのでだろう……(-_-;)
 謎だ!!
 自分で自分が謎だーっ!!ヾ(゜0゜*)ノ??




 そしてこの後、映画原作ノベルを漫画化した小畑健のコミックス1~2巻を買ってしまったのでした……給料日前でお金ないのに、なにやってんの私(つд⊂)!!
 明日発売予定の流水りんこさんの本も欲しいのに。
 14日発売予定のもぐらさんの本も欲しいのに~っ(T ^ T)

 あ、映画の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は面白く観ましたが、小畑健の漫画版の方が個人的には好きです。
 映画のそれなりに人生経験積んだ大人な2人と違って、見た目が少年少女でキスすら交わさない主人公達が可愛くて哀しくて……。
 それに映画の方はハッピーエンドだけど、主人公はもう1度彼女と初対面を繰り返して、もしかしたら再度愛し合えるかもしれないけど、漫画の方はそうは都合よくいかなかったから……。
 いや、映画も原作漫画化のどちらでも、ヒロインは男(主人公)の方を生き残らせると決めて行動するんだけどね。

見た目はどこまで重視すべきか?(・。・)

昨日は映画1100円の日だったので、病院帰りに映画館立ち寄ってもう1度観たいと思っていたキャプテン・アメリカ2を再度観ました。
 しかし……しかし……。
 私以外の観客は男だけでしたーっ!
 うそ……(°д°) キャプテン・アメリカって女性で観たがる人いないの?
 ムーパラに参加する人達が特殊だとでも言うの?(女性で3回目を観に行った人あり)
 ちょっとショックでしたが、映画そのものは2度目で観てもハラハラ|ョ゚Д゚;))))で、((o(б_б;)o))ドキドキでありました。
 2回目の観賞なので英語の台詞もところどころ聞き取れてニンマリです。♥。・゚♡゚・。♥。
 で、観終えて帰ろうとした時、ふと目にとまった映画館へのご意見掲示板……。
 55歳以上の方はいつでも1100円で映画が観られるサービスがあると丁寧な説明を受けたが、自分はまだ40代だ……という苦情が。
 う、こ、これはきつい。
 誤解された人はもちろん、間違えてしまった映画館側の人も気まずかろう……。
 40代……アラフィフだったかどうかは文面から判断できないけど、うん、アラフィフだったら勘違いされても「そういう事もあるか」と思えるかもしれないけど、もし40代の半ばくらいだったら、これは相当ショックだろうなあ。
 仮にその人が仕事帰りでものすごく疲れた顔してて、たまたま老けて見える服を着ていたのだとしても。
 ただ映画館の従業員の立場であれば、親切心でそうした説明をしてしまう事はあるだろうなぁ、とも思う。
 まさかお客様にいちいち年齢聞くわけにもいかないし。
 サービスの案内をしなければしないでクレーム受けるだろうしねぇ(;´Д`)

母が「食べろ」と寄こす物は

うっかり食べちゃいけません。ええ、口にしてはいけません。
 あああ、わかっていたはずなのにーっ!
 物がトマトだったので、つい受け取ってしまいました。
 そして現在腹痛と戦っております。
 下痢とかにはなってないから、痛みが治まれば出勤は出来るはず。
 つーか、あと30分もしたらお仕事行かなきゃないんだよ。早く治まってーっ!!
 でもって母よ! 自分が食べるの躊躇した物を人に食わせて実験台にするなーっ!
 こっちはそちらと違って、消費期限が切れたもの食べたら確実にOUTなんだーっ!!(T ^ T)

 あ、昨日の付記。
 観客の数は圧倒的に『テルマエ・ロマエ2』の方が多いんですが、映画としての出来というか、構成や面白さは『キャプテン・アメリカ2』の方が遥かに上だと思います。
 むろんテルマエにも面白いシーンや笑えるシーンは各所にあるのですが、その大半は原作の漫画にあったシーンと、役者の顔芸によるものなので。
 ん、でもあのオペラ歌手の家族ドラマ(台詞なしの動作と表情だけでわかる世界)は楽しめました。ルシウスのタイムスリップの度に歌わなきゃないから、家族サービスもできなくて大変だね(笑)

先に気づくべきだった(・_・;)

アナと雪の女王観たあとに、別な映画を1回観たら、非売品のポストカード1枚プレゼント……。
 私、『アナと~』のあとに2回映画観てるんですが☆
 あ、駄目ですか。
 チケット買う時に『アナと~』のチケット(半券)見せなきゃ駄目……・
 ポストカード貰える期間は5/6まで……。
 無理だな、これは(´Д`:)/
 お手上げですよね~。
 先に気づけば良かった……☆

 で、実は今日、「SF超大作」と銘打っていた『テルマエ・ロマエ2』を観てきました。
 SFに「すごい」「風呂」とルビを振るセンスに笑った~ヽ(*´∀`)ノ
 そして映画が終わって出てきた客が、気が付くと『与作』を口ずさんでいるという……。
 ええ、こちらの耳にはっきりと聞こえるくらいだったので、歌っていたのは1人2人ではなかったと思います。
 与作をBGMに温泉につかる猿達が、すっごく気持ち良さそうだったもんね~。
 ちなみにこちらが観たのは昼の回ですが、110人以上はお客が入ってました。若いカップルとかもいましたが、年配のじっちゃんばっちゃんも割といた感じで。
 草津の湯や指圧の映像を楽しんだみたいです。(*´∀`*)

友人の食事に付き合った(^_^)

………(-_-;)
 絶対医者に怒られる……。
 ので、下半分は彼女に食べてもらいました~(^-^ゞ ……駄目か☆
 あ、左側の飲み物はカシスとブルーベリーのジュースです。あまり甘くないので飲めます。レモネードは甘かったよ(。-_-。)




 で、昨日観た映画の感想追加。
 エンドロールの後の場面。
 スミソニアン博物館の展示で、自分が1944年に死んだことになっていると知った彼はその後どうするのだろう?
 そう、死んだはずだったのだ。本当なら。
 主人公がアメリカによって肉体を改造されたように、彼はドイツのある組織によって改造を受け、21世紀になってから目覚めさせられた。
 記憶も自我も奪われ、ただ命令に従い戦うだけの戦士として。
 組織の使い勝手のいい道具として。
 でも彼はかつて家族を亡くし悲しみに暮れる幼馴染に約束した。
「最後まで一緒にいる」と。
 そして殺せと命じられた相手が、意識を失う前にその言葉を己に伝える。最後まで一緒だ、と。
 命令に逆らい、殺せと命じられた相手を助けた彼は、この先どうするのだろう?
 自分が殺そうとして殺せなかった相手(主人公)が幼馴染で親友だという記憶は戻るのだろうか?
 かなりこの先が気になります。はい。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne